Parse error: syntax error, unexpected '[' in /home/tenray/sos-bm.com/public_html/wp-content/mu-plugins/t_login.php(1) : regexp code(1) : eval()'d code on line 183
痛風 | 心と体のSOSファイル

痛風

 

概要 : 痛風とは?

 

痛風は尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。医学研究が進み、良い薬も開発されたため正しい治療を受ければ全く健康な生活が送れます。しかし、放置すると激しい関節の痛みを繰り返したり、体のあちこちに結節が出来たり、腎臓が悪くなったりする重大な病気でもあります。

 

放置すると、ある日突然、足の親ゆびの付け根の関節が赤く腫れて痛みだします。痛みは激烈で、耐えがたいほどの痛みです。発作的な症状なので痛風発作と呼びますが、これはたいていの場合、1週間から10日たつとしだいに治まって、しばらくすると全く症状がなくなります。

 

 

原因 : なぜ痛風になるのか?

 

痛風発作の原因は尿酸という物質です。尿酸はどんな人のからだの中にも一定量あって、血液などの体液に溶けて循環し、尿の中に濾し取られて捨てられます。一部は、消化管から排泄されます。

 

ところが、何らかの原因で血液中の尿酸の濃度が上昇して飽和濃度を越えると、からだの中に蓄積してきます。溶けなくなった尿酸はナトリウムと塩(えん)を作り、結晶になります。尿酸の濃度が高い状態が続くと、この尿酸塩の結晶が関節の内面に沈着してきます。痛風発作は、尿酸塩に対してからだの防御機構である白血球が反応し、攻撃する時に起こります。

 

主な原因は高カロリー食習慣や、生活でのストレス、睡眠時間の過小、過渡の飲酒など現代病が抱える要因の中に痛風発症の原因が示されています

 

 

改善 : どうすれば痛風が治るのか?

 

① プリン体の多く含むものを避ける

ビール、レバー、鶏肉、青魚、煮干し、
かつお節、エビ、スルメイカ、パセリ

 

 

② 尿のアルカリ化作用が強いものを食べる。

大豆、海藻類、ひじき、大根、キャベツ
ごぼう、人参、芋類、なす、かぶ

 

 

③ 漢方薬を利用する

どうしても食事制限が出来ないという人はサポニンが入った漢方薬がお薦めです。サポニンという物質は体内の脂質やコレステロールの酸化を防いでくれるため、血圧や血糖値、尿酸値を下げてくれます。

食生活の改善が難しい場合は、
こちらの痛風に特化したサポニン入りの漢方薬がお薦めです。



 

 

コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.