Parse error: syntax error, unexpected '[' in /home/tenray/sos-bm.com/public_html/wp-content/mu-plugins/t_login.php(1) : regexp code(1) : eval()'d code on line 183
うつ病の改善にはサプリメントが活躍する | 心と体のSOSファイル

うつ病

 

概要 : うつ病とは?

 

うつ病とは、精神障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患であり、昨今では仕事によるうつ病患者が増えてきています。

労働時間が長く、寝る暇がない、遊ぶ暇がない、毎日のように叱責・罵倒されたり、家畜のように扱われたりして、精神的に大きなダメージを受け、ストレスによりうつ病になる人が増えてきています。他には人生、恋愛、家族などの悩みが長期化することでうつ病を患う人もいます。

 

うつ病の症状は以下の通りです。

①疲れやすい・気力の減退
②憂うつな気分
③興味や喜びの喪失
④強い罪責感
⑤思考力や集中力の低下
⑥精神運動の障害
⑦食欲の減退または増加
⑧睡眠障害(過眠または不眠)
⑨自殺願望

 

うつ病と判定するのは難しいところもありますが、
上記の症状にあてはまる場合はうつの可能性があります。

 

 

症状 : うつ病にはどんな特徴があるのか?

 

①疲れやすい・気力の減退
何もしていないのにひどく疲れたり、体が重く感じたり、気力が減退することで、生活の中での食事、着替え、歯磨き、お風呂といった一つ一つのことに時間がかかるようになります。時間というのは人の心理に強く働きかけてくるものなので、支える側としては遅いからといって絶対にイライラしてはいけません。

 

②憂うつな気分
気持ちが沈み込んでしまい、気分が晴れないことで何でもマイナスに捉えてしまったりし、毎日負の連鎖に苛まれます。やる気力が出ないのは特に一人でいる時や午前中にこのような症状がひどく表れる傾向にあります。また憂鬱になっている時は感情が激しくなり、イライラしたり、怒りっぽくなったり、急に奇怪な行動をとりたくなったりします。

 

③興味や喜びの喪失
今まで楽しいと思っていたこと、喜びを感じていたことに対して興味を感じられなくなった状態です。人、物、スポーツ、音楽、性など全てのことに対して興味がなくなり、時には好きだった事が嫌いになったりします。また、今まで友達と喋っている時間が楽しかったのに、逆にうっとおしく感じるようになり、人と会うのが嫌になることもあります。そのため、そもそも外出する気が起きなくなります。しかしながら楽しみや喜びはあるといううつ病の人もいます。

 

④強い罪責感
何の根拠もなく、自分のことを責めたり、嫌悪感に陥ることがよくあります。また些細なことでも気にするようになります。このような思考が進行していくと、自分には関係のないことでも、自分の責任だ、自分が悪いなどというように、全てが自分に負があると考えるようになります。

 

⑤思考力や集中力の低下
注意が散漫になり、集中力が低下し、思うように仕事が捗らなかったり、勉強の成績が落ちたりします。その結果、自分はダメな人間なんだと考えるようになり負のスパイラルに陥ることがよくあります。また決断力が低下することもよくあります。

 

⑥精神運動の障害
普段よりも声が小さくなったり、口数が少なくなったり、身体の動きが遅くなったりすることがあります。また焦燥感が強くなり、落ち着きがなくなります。

 

⑦食欲の減退または増加
興味関心がなくなり、何事にもやる気が起きない影響から、基本的に食欲の減退が見られます。また、味に対して鈍感になったりもします。しかしながら反対に食欲が増加する人もいます。この場合は、甘い物や辛い物など特定の食べ物が欲しくなる傾向にあります。

 

⑧睡眠障害(過眠または不眠)
一般的に、寝られないといった不眠の状態が表れ、寝つきが悪くなるだけではなく、夜中に急に目が覚めてしまい、そのまま寝つけなくなったりします。その他、悪夢にうなされることもよくあります。また、うつ病患者の多くは朝早く目覚める特徴があります。しかも、すぐ起き上がれるわけではなく、その時間に色んなことを思い悩んで悶々とすることがよくあります。反対に過眠の症状が現われるケースもあります。やる気が起きない、憂鬱といった感情があるため、寝るしかない状態になり、結果的に日中も寝てばかりいるという状態になることもあります。

 

⑨自殺願望
自分はこの世にいる価値がない、生きていても楽しみがない、生きてる意味が分からないなどの理由から自殺を願望するうつ病患者が多く、願望だけで済まないケースもあります。急に突飛な行動を起こす人もいるため、支える側は常に見守っていてあげる必要があります。

 

 

改善 : どうすればうつ病が治るのか?

 

うつ病は精神的な要因が原因で発症するものですが、原因を解決するのは難しく、解決できないからこそ発症しています。よって、根本の原因には触れずに、少しずつ気分を豊かにさせていく方法が適しています。しかしながら抗うつ剤はお薦めできません。抗うつ剤には副作用があり、吐き気がひどくなり体重の急激な減少や、音や臭いといった感覚が極端に鋭くなることがあります。また、女性の場合は特にホルモンバランスが崩れることがよくあります。

 

うつ病にはセロトニンという成分がよく効きます。セロトニンというのは必須アミノ酸のトリプトファンから産生される物質で、主に生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などに影響してきます。セロトニンを摂取することで、自律神経が安定的になり、快眠ができ、やる気の増加を促し、不安・憂鬱といった負の感情を取り除いてくれます。また集中力を高める効果もあります。また、チロシンという成分も鬱病には効果的で、この成分はやる気を増やしてくれます。

 

うつ病には様々な要因があるため必ず治すというわけではありませんが、セロトニンやチロシンを定期的に摂取することで、うつ病が治るケースが多くあるため、試す価値は十分にあります。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.