Parse error: syntax error, unexpected '[' in /home/tenray/sos-bm.com/public_html/wp-content/mu-plugins/t_login.php(1) : regexp code(1) : eval()'d code on line 183
多汗症 | 心と体のSOSファイル

多汗症

 

定義 : 多汗症とは?

 
多汗症とは内臓が悪かったり交感神経が原因であったり緊張により起こる病気とされています。多汗症に悩む人は近年増えてきているため、いろんな治療法がメディアで取り上げられたり誤った方法も数多く露出していることからどんな方法が一番効果的なのか分からない人が多いというのが現状です。

しかしながら基本的に多汗症は
日々の生活を改善させることで治る病気です。

多汗症を自力で自力で改善させるためにはまず多汗症とは何かを具体的に理解する必要があるのでしっかり理解するよう努めてください。

まず多汗症の症状ですが手足や脇を中心に汗をかくという人が多いのですが額はもちろん頭全体やお尻、足、背中というように場所は人によって様々です。よく勘違いされる部分として『汗が多い=多汗症』というわけではなく、むしろ多汗症の人は通常時に出る汗は少ない傾向にあります。日頃から体を動かしていたり新陳代謝が良い人は必然的に汗の量は多くなります。

 

 

原因 : 多汗症の原因は?

 

基本的に多汗症となる原因は冒頭で述べたように、

1、内臓が弱ってるケース
2、交換神経に異常があるケース
3、気にしすぎにより起こるケース

この3つが多汗症を発症する基本的な原因となります。

 

1、内臓が弱ってるケースでは
汗を多く出すという頭からの指令により起こるもので一種の危険メッセージのようなものです。このケースの場合は一概に判断は難しいのですが自覚症状として体のどこかに痛みや重さを感じている場合にはすぐに病院に行きましょう。特に自覚症状が無い場合には食事や生活を見直すことで治るケースも多いです。

 

2、交換神経に異常があるケースでは
多汗の他に頭痛やめまいといった症状が起こります。だるさや疲労感を強く感じる人もこのケースにあてはまり長年によって蓄積された疲れからくる場合が多いです。またストレスや不規則な生活が原因の場合もあります。

 

3、気にしすぎにより起こるケースでは
汗の量自体は他の人とさほど変わらないが、汗をかいてるということが恥ずかしく人目を気にしてより発汗し止まらないというケースです。

 

 

改善 : どうすれば多汗症が治るのか?

 
多汗症にもそれぞれ原因がありますが、生活を改善することで多汗症も改善されるケースが多いのが現状です。また最近注目されているボトックス注射による治療胸腔鏡下交感神経切除術といった手術により多汗症を改善、緩和させる方法もありますが、費用はどちらも高く少なからずリスクが伴うということを忘れてはいけません。   どちらも強制的に汗を抑える療法であるため、 体の正常な機能を抑えてしまうため弊害が出来る可能性があります。

 

多汗症というのは汗を多くかくということではありません。内臓や神経、精神的な部分から発症するため手術などに頼るのは得策ではないのです。また、ボトックス注射は比較的安全だと言われていますが、効果は1年も持たず通年して治療しなければいけません。   胸腔鏡下交感神経切除術による手術の場合は、術後に代償性発汗の危険性を伴う可能性が少なからずあります。代償性発汗とはつまり他の箇所に多く汗をかくということです。   体の機能として汗をかくというのは体内の熱や不要物を外に出すといった役割を果たすため部分的な改善されても体としての汗の量は変わらないため、現在汗の多い箇所(例えば手の平)が改善されたとしてもその他の部分に今まで以上に多く発汗するといったことが起こる可能性があります。

 

また、肌質や体質によってはケロイドになる危険性があったり、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることから自律神経失調症のリスクも考えられます。   このように外的な治療、手術にはリスクはつきものです。 そのため出来る限り手術は避けるようにした方が賢明です。

 

冒頭で言ったように基本的に多汗症は日々の生活を改善させることで治る病気です。なのでまずはストレスを取り除いたり乱れた生活を改善させることから始めましょう。確かに少し時間はかかるかもしれませんが、それが確実で安全な改善法です。汗の臭いがひどい方はこちらの高密度消臭ジェルクリームがオススメです。

 

 

参考元:【多汗症SOS】汗の原因・改善法(手足,顔,脇etc)

 

 

コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.