Parse error: syntax error, unexpected '[' in /home/tenray/sos-bm.com/public_html/wp-content/mu-plugins/t_login.php(1) : regexp code(1) : eval()'d code on line 183
緊張 | 心と体のSOSファイル

緊張

 

 

緊張というものは負の意識の問題が大きく、ネガティブに考えれば考えるほど緊張度が高まり、それが継続することによってますますどつぼに嵌まってしまいます。そのため、緊張症から抜け出すためには意識改善が必要で、負の要素を一つ一つ解決していくことで克服できるものです。

 

 

『緊張は悪だ』と思う人がほとんどだと思いますが実際は緊張することによって体が臨戦態勢をとり心理学的に『新しい事態に対する準備』をしている状態です。よって必ずしも緊張することが悪いというわけではありませんが人前に立つ時や試合など普段の状態で挑みたいと思っていても声が震えたり思考が鈍ったり体が動かなくなったりしてしまいます。

 

 

しかしながら緊張しない思考、体づくりをすることは誰でも可能です。それが極度のあがり症の人であっても同じことが言えます。

 

 

まずはなぜ緊張するのか説明していきます。

 

大別すると緊張の原因というのは、

1、声や体など外面的なネガティブ要素を持っている。
2、人前でうまく喋ることができない。
3、今から行うことに対して引け目を感じている。
4、常に悪い方に考える癖がついている。

 

このように、何らかの負の要素が関わりあって、
心臓がバクバクしたり思うように行動できなくなってしまいます。

 

 

次に、緊張を取り除くその場凌ぎの方法を紹介します。

1、手に『人』という字を書いて飲み込む。
2、『自分はやれる』と言い聞かせる。
3、深呼吸をして何も考えないようにする。
4、手の平などに神経を集中させる。
5、入念にストレッチや体操をする。
6、いつもより少し大きな声を出す。

 

このようにその場凌ぎで緊張をとる方法は様々あり、
一見効果がないように思うものもあるかもしれませんが1~6全てにおいて緊張を取り除く有効な手段です。

 

 

1と2
1、手に『人』という字を書いて飲み込む。
2、『自分はやれる』と言い聞かせる。

これは一種の暗示で、世間一般でよく使われてる方法なので、その概念が定着してるということで思い込みに着手した解決法です。上記のようにすることによって緊張しなくなる又は緩和される。そういった暗示によるものですが、緊張は負の意識の問題であるためこれからの方法は有効となります。

 

 

3と4
3、深呼吸をして何も考えないようにする。
4、手の平などに神経を集中させる。

これは緊張してるという意識をそらす方法です。何かに迫る時、人はどうしても悪い方に考えてしまうため負の意識をそらすことによって緊張しなくなります。試合でも試験でも何でもそうですが準備がしっかりできていないと逆に不安になるということもあるため準備はしっかり整えておくことが必須です。

 

 

5と6
5、入念にストレッチや体操をする。
6、いつもより少し大きな声を出す。

これは意識ではなく体自体の緊張をほぐす方法です。プロ野球選手に前田健太という投手がいるのですが彼はマウンドに立つ前に必ず肩の運動を取り入れています。『投げるための運動』と捉えるのが普通ですが、心理学的には体の緊張をほぐすといった行動になります。足や体をパンパン叩くのも同じことで、それにより体の緊張がほぐれて、同時に心の緊張を緩和されます。

その他例えばピアノの場合、緊張する元というのは指の置き間違いによる失敗というのが一つなので、演奏開始前は手や指の硬直を取り除くため動かしてあげましょう。スピーチやプレゼンなど声を出す場合においてはいつもより大きな声を出したり臨む前にたくさん喋りましょう。緊張する時、人は声が小さくなって震えるのが普通です。なので自ら率先して声のボリュームを大きくしたり顔の硬直を取り除いてあげましょう。

 

一時的に緊張を取り除く手段として上記のようなものがあり、どれも効果的ですが心身ともに緊張を取り除いてあげることが大事です。

 

 

体のコンプレックスから起こる緊張は一筋縄にはいかなく、コンプレックスを受け入れ、自ら会話に出すといった方法しかありませんし、すぐにコンプレックスから抜け出すというのは難しいですが可能なので、まずは少しずつ自分の口から言えるよう頑張ってみましょう。

 

 

準備不足からくる緊張の場合、どうしようもありません。『準備不足』という負の意識からの緊張しているということで、準備をしっかりしていないアナタの責任です。この場合、責任感のない人以外誰でも緊張しますし、負の意識を取っ払うことは難しいので、とりあえず何かに向かう前に上述した1~6の方法を実践するようにしましょう。

 

 

重ね重ね言ってるように、緊張というのは負の意識からくるものです。なので、まずは失敗を恐れないことです。失敗は人間を強くしてくれますし、たとえ向かうところが人生の大一番であっても失敗したらいいじゃないですか。それで死ぬわけでもないし、今まで以上にもっと強くなれます。あなたは実績が大事なのかもしれませんが、一番大事なのはご自身の心、成長です。なので失敗を恐れず、むしろ経験できるという喜びとともに心から楽しんで挑みましょう!

 

参照元:緊張しない方法あがり症を克服しよう

 

コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.