Parse error: syntax error, unexpected '[' in /home/tenray/sos-bm.com/public_html/wp-content/mu-plugins/t_login.php(1) : regexp code(1) : eval()'d code on line 183
疲労&倦怠感(ココロ) | 心と体のSOSファイル

疲労&倦怠感(ココロ)

 

概要 : 疲労や倦怠感を感じる病気とは?

 
うつ病
意識の低下、イライラ感、不安や落ち込み、自信喪失、不眠、疲労、倦怠感などの症状がでます。

睡眠障害
寝つきが悪くなる、眠りが浅い、、熟睡できない、といった症状があります。

多発性硬化症
物が二重に見えるなどの視力低下、歩行障害、しびれや痛みなどの症状を伴います。

自律神経失調症
頭痛、耳鳴り、食欲不振や動悸、不眠症、手足の冷え、疲労感など神経系に影響してきます。

睡眠時無呼吸症候群
就寝時に大きないびきをかき、何度も10秒以上呼吸が停止します。快眠ができないため昼間に強い眠気に襲わることがよくあります。

低血圧症
血圧が低くなる影響から起床後~昼までの間に倦怠感を感じたりします。他には動悸、息切れ、立ちくらみ、食欲低下、頭重感や冷え症を伴う事もあります。

大腸癌
症状が進行し始めると、次第に便が細くなり、時には便に血が混るなど便通異常が見られます。残便感が残る場合もあります。

肝硬変
黄疸が出たり、食欲の低下、お腹の張り、むくみ、血小板の構築が遅くなるなどの症状を伴います。

膵癌
症状が悪化してくると、上腹部に腹痛を感じたり、背中に痛みが出たり、体重減少や、便の色が灰色になる事もあります。

急性腎不全
急に尿の出が悪くなったり、むくみ、倦怠感、食欲不振などの症状を伴います。悪化すると、頭痛、吐き気、血圧上昇、動悸や息切れ、血圧上昇の症状が現われ、時には意識障害になることもあります。

糖尿病
常時喉が渇いたり、尿の回数が増えたり、倦怠感を伴うことがあります。また体重の減少も見られます。

高カルシウム血症
便秘、腹痛、吐き気、食欲低下、多尿を伴う病気です。進行すると錯乱状態・昏睡状態に陥る事もあります。

下垂体機能低下症
低身長や体重の増加、生理不順、不妊症、皮膚の乾燥、脱力感、疲労感などが出てきます。

甲状腺機能低下症
皮膚の乾燥、悪寒、体重の増加、動きが暖漫になる事もあります。

アジソン病
日光に当たる部分、および圧迫される部分に色素沈着が見られ、脱力感や立ちくらみ、食欲不振、無気力になったりします。

クッシング症候群
顔が丸くなり、体幹部が肥満し、皮膚が赤みを帯びてきます。筋肉の委縮、骨粗しょう症、血圧上昇、うつの症状が見られる場合もあります。

関節リウマチ
起床後に手が強張るなどの症状が出ます。悪化すると左右対称の関節が腫れたり、痛んだりします。

シェーグレン症候群
唾液や涙が出にくくなったり、口がよく渇くようになります。頭痛や関節痛、息切れ、紫班などがでる事もあります。

外傷性ストレス障害
自分が遭遇した犯罪や、事故などが思いだせなくなります。それとは逆に、突然、記憶がよみがえってくる事もあります。

 

 

改善 : 疲労感・怠慢感を取り除くためには?

 
上述したような病気を患っている場合は、医師の診断の元、投薬などの処置が必要になります。しかしながら精神的な面から疲労感や・怠慢感が出ている場合、また上記の病気にあてはまらない場合は根本的な原因を解決してあげることが大事です。まずはなぜ疲労感や怠慢感を伴っているのか考えることから始めてください。それでも原因の解決は簡単なことではありません。よってストレスを解消させることが大切です。ストレスを解消させることも難しいというのであれば、良質な睡眠を取りましょう。

 

参考サイト:様々な疲れの種類と、疲れが取れない理由・対処
 

コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.